So-net無料ブログ作成

マッサン 感想 20話 [マッサン 感想 20話]

マッサン 第4週「破れ鍋に綴じ蓋」
20話 感想




今日は天気がいいですね〜。

久しぶりに朝マックしてソーセージエッグマフィンを食べています。

やっぱジャンクフードは・・・上手い!?

体にはよくないんだけどね、脂肪酸がね。


ではマッサン20話の感想についていきま〜す☆


後半へつづく











後半はここから

前回の話で、太陽ワインのボトルの破裂事件が発生してから
太陽ワインの風評被害は拡大し、

次々にワイン返品されてくる始末。


その現状に慌てる太陽ワインの社長・大作(西川きよし)と鴨居昇天の社長・鴨居欣次郎(堤真一)。


鴨居さん、すっかりマッサンを信頼しているのでしょうかね〜。



マッサンに「太陽ワインが安全であることを証明しろ」と下命。



マッサンの夢であるウィスキー作りどころでなくなりますね〜。


夢を叶えるってほんとに待ち受けているかのよに次々に壁が立ちはだかるもんなんですかね〜。






一方、マッサンの元婚約者?の大作の一人娘である優子に縁談がもちかけられたが、

エリーは前回の親たちの策略に、若いした優子の不自然な笑みに不安を感じる。


いやここはエリーチャンさすがと思いましたね。


スコットランド人といえど、お見合いの文化がないだけに

こんな不自然な結婚っていうのが

本人(優子)にとってホントに幸せなのか追求することで

更に優子との親交が深まるのではないかと思いましたね。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。